『リライト・リロードに通い始めたキッカケ、何のために通ってますか』

【参加者:じろう、メガネさん、レン、おちゃ、たま】

今日はスペシャルゲスト(実習生)のおちゃさんも参加して下さいました(*´з`)ピアのメンバーはリライトやリロードに通い始めたキッカケや理由、おちゃさんは精神保健福祉士のお勉強を始めたキッカケについてお話されました。

じろう:市役所でリライトを知りました。自分の生活リズムやコミュニケーションをとるためリライトに通っている。

おちゃ「生活リズムは整ってきましたか?」

じろう「今の所生活リズムは保てています。朝起きるのが日課になっています。」

メガネさん「リライトで楽しみにしている事は何ですか?」

じろう「リライトではお世話になりっぱなしで楽しいし、ここに通えてよかったです。」

じろう「リライトでダーツやるのが好きです。」

レン「ダーツ楽しいよね。」

じろう「ダーツで真ん中いったのが何回かありました。」

たま「じろうさんは毎日朝から来れていてがんばってますよね。ダーツ以外にも楽しい事たくさんあると思うので、これからも楽しみつつ頑張って下さいね。」

じろう「はい、がんばります!」

メガネさん:リライトに通い始めたのは、私の叔父と市役所の薦めで行きました。リロードは何度か見学をして決めました。リロードに行って色々な作業に慣れる為に通っている。

たま「リロードでの毎日はどうですか?」

メガネさん「毎日楽しいですよ。」

おちゃ「リロードで楽しみな事はありますか?」

メガネさん「リロードで色々変わった作業をしているのが楽しいです。」

レン「今度、作ったものを見せて。」

メガネさん「いつか見せるね。」

じろう「楽しそうですね。」

メガネさん「楽しいですよ。じろうさんも今度、見学に来てね。」

たま「メガネさん、お誘い上手( *´艸`)」

レン:リライトに通っていた時から知っている人がリロードにいるから、行ってみたらって相談支援専門員の人から言われて。

おちゃ「リロードに来てどれくらい経つんですか。」

レン「去年の9月に入ってます。」

じろう「リロードって楽しい所ですか。」

レン「リロードは、はたらくことが多いです。」

たま「元々知らないかった人達とは話せたりするようになりましたか。」

レン「うーん、まだ、話してない人もいる。」

メガネさん「まだ、話してない人がいるなら、勇気だして話してね。」

レン「うん、なれたら、話してみる」

おちゃ:(精神保健福祉の勉強をする事になったきっかけは)前の職場を離職する際、生活が不規則になり、精神的にも不安定になったことがきっかけです。

メガネさん「今はリライトやリロードを知ってどう思いますか?」

おちゃ「お話するのも、作業をするにも、とても居心地の良い場所だと思います!みなさんやさしい~♡」

じろう「勉強のきっかけになりましたか?」

おちゃ「こころの不調を経験したことがなかったので、大きなきっかけになりました。」

たま「精神的な不安定、どんな感じでしたか?また、何か対処とかはしてみましたか?」

おちゃ「毎晩一時間おきに目覚めたり、涙や腹痛が止まらなかったり。今は家族や友達に話を聞いてもらって対処しています。」

レン「だいじょうぶ。」

おちゃ「ありがとう!!」

たま:双極性障害による感情や生活リズムとをコントロールできるようにする為、リライトに通った後リロードにも通いました。今はリロードとリライトでお仕事をさせてもらっています。

メガネさん「病気はとても辛いですか。」

たま「症状の酷かった頃はかなり辛かったです。」

レン「かんじ読めないけど、がんばってるね。」

たま「どの漢字?」

レン「双極性障害。」

~双極性障害について簡単に説明させて頂きました~

たま「ありがとう。ほどほどにがんばってるよ。」

じろう「双極性障害になって苦しかった事ってありますか。」

たま「お風呂にもトイレにも行けない時や、何をしても泣いてしまった時。目覚めた時、なぜ生きなきゃいけないのかという思いにかられたり、辛かったですね~。」

おちゃ「再発しないよう心掛けていることはありますか?」

たま「うつ状態の時こそ家にひきこもらないこと、なるべく動くことを心がけています。といっても本当にしんどい時はそれが中々辛いんですけどね。でもその後を考えたら、動いたり人と接したり、日中に普通に活動することがどれだけ重要かこれまでの経験で学びました。」

最後までご覧下さりありがとうございます。次回は『子供の頃の夢は何でしたか。また、今の夢も教えてください。』の予定です。またぜひご覧くださいネ(*^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。