『一日だけ魔法を使えたら何をしますか?』

【参加者:じろう、メガネさん、レン、にこ、たま】

今日はちょっと夢のあるテーマで話をしました。中には現実的な魔法の使い方をする人もいたりしましたヨ( ゚Д゚)

じろう:空を飛んでみたい。

じろう「リライトまで家から時間ギリギリまで家にいて通ってみたいな。」

メガネさん「何時位まで家にいますか?どうやって家から出ますか?」

じろう「9時55分位まで家にいてほうきに乗って家を出たい」

たま「じろうさんロマンチスト~」

じろう「ロマンチストですか?」

にこ「リライトまで5分で飛んでくるんですね。一瞬じゃないところがリアル。」

じろう「リアルですね?」

レン「いいね。どはでにいこうよ。」

たま「宇宙まで飛んでみちゃう!?」

メガネ:豪華な一日にしたい。豪華な中華料理を食べたい。

メガネさん「綺麗なレストランで豪華な料理を食べる。」

じろう「豪華なレストランですか。良いですね。」

たま「豪華な料理って例えば?」

メガネさん「中華料理で高い物を食べたいな!」

レン「高級レストラン、行きますか?」

メガネさん「是非とも行きたいですね。」

にこ「魔法でレストランに行くんですか?」

メガネさん「行けたら良いなぁと思います。」

たま「中華で食べたいモノは?」

メガネさん「高いラーメンやフルコースかな?」

じろう「良いですね。」

レン「何個食べますか?大食い選手権ありだよ。」

メガネさん「ひととおり食べます。ラーメンなら一杯で十分です。」

レン:好きなアニメのキャラに会ったり、半妖になってみたい。

メガネさん「好きなアニメって何が好きなの?」

レン「犬夜叉と夜叉姫とフルーツバスケットです。」

じろう「それ以外に何かあります?」

レン「音楽をききます。」

メガネさん「音楽のジャンルは何ですか?」

にこ「魔法で楽器が演奏してくれたら楽しいですね。」

レン「犬夜叉の演奏してもらいたいです。」

にこ:いろいろな魔法を使ってみて満足したい

メガネさん「例えばどんなことから始めますか?」

にこ「じろうさんみたいに空を飛んだり、物を浮かせたり、家中キレイにしたり…」

レン「かざあな使うのはどうですか。」

にこ「かざあなは魔法じゃなくなってるじゃないですか(笑)」

じろう「たしかにかざあなって魔法ではないですね。」

たま「妖力ってヤツですね~。」

メガネさん「妖力を使うのですか?」

にこ「だんだん妖怪にされていく!?魔法使いだってば~

アイロンとかが動いて、服も自分から片づけられていくようなかんじで宜しくお願いします。(魔法使いの弟子のほうき達みたいに)」

たま:時間を止めて「一日」を好きなだけ延長。温泉に入ったり美味しいものを食べ、好きなだけ寝る。

メガネさん「何時間くらい寝ますか。」

たま「20時間くらい。」

メガネさん「コアラじゃないよね?」

じろう「コアラって20時間くらい睡眠取るから寝たらすごいですよ。」

たま「へえ~っ。じゃあコアラになるか⁉」

にこ「¨一日だけ¨で一日を延ばすのはズルい(笑)」

たま「大人はズルいのですよ。」

レン「チョコマンの大きいのがあったらどうしますか?」

たま「もちろん、両手で抱えてかじりつくヨ!」

レン「ゼリーもいかがですか。」

にこ「レンさんが商売上手。」

たま「すぐお財布が空になっちゃいそう(笑)」

じろう「すぐお財布の中増えそうなので大丈夫!」

たま「ホントに~⁉だといいなぁ(;^ω^)」

最後までご覧下さりありがとうございました!次回は『雪の日の思い出』を予定しています。ぜひまたご覧ください(´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。