『あなたにとって一番怖い非常事態』

【参加者:じろう、メガネさん、シマ、ジュリ、たま】

今日から6月ですね。ムシムシと暑い日が多くなってきていますがいかがお過ごしでしょうか。今日は自分にとって一番怖い事についてお喋りしました。

じろう:地震じろう

じろう「大きな地震が来たら非常食を持ってすぐに避難場所へ向かい水と食料が無くなったらどうしようと考えます。」

たま「じろうさん、冷静ですね。ペットとかはいないですか?」

じろう「飼ってるペットは死にました。」

メガネさん「地震の時は貴重品は持って行かないの?」

じろう「貴重品は全て持って行きます。」

ジュリ「大荷物になりそうですね!地震が来た時用に何か備えてありますか?」

じろう「乾パンと懐中電灯が大切です。携帯電話は重要になりますか。」

シマ「食料の備蓄は他にどんなものをしていますか?」

じろう「お湯無しのご飯とかですかね。」

メガネさん:地震と火事で家が燃えたら怖い

たま「確かに、それはこわい!そうなったらどうします?」

メガネさん「とにかく落ち着いて行動をとります。逃げるのも大事かな?」

じろう「冷静に落ち着いてから逃げるのが大事だと思います。」

メガネさん「そうですね!大事な物も持って行かなければなりません。」

ジュリ「大切なもので一番ゆずれないものはありますか?」

メガネさん「気に入っているものが大事でそれだけはゆずれません。」

シマ「地震と火事なら、どっちが怖いですか?」

メガネさん「両方とも怖いですね!」

シマ:火事

たま「もし火事になってしまったら、何を持って逃げますか?」

シマ「貴重品の入ったバッグですね」

メガネさん「火事が本当に起きたら、どう行動しますか?」

シマ「グループホームなので、同居人が避難しているかの確認をします」

メガネさん「へぇ~! 銀行のカードとか、貴重品は大事ですよね?」

シマ「貴重品も持って出ると思いますよ!」

ジュリ「貴重品があれば少しは安心ですね!」

シマ「貴重品は一纏めにしてあるので、いざというときは…。少し安心です」

じろう「貴重品は持っていくと安心しますよね」

シマ「いざという時は落ち着いて行動、ですね!」

ジュリ:住む場所がなくなる

メガネさん「家が燃えたらそりゃ困りますよね?」

ジュリ「燃えたらとても困りますね・・・あと地震とかも怖いですね。」

メガネさん「地震が来たらどう行動しますか?」

ジュリ「とりあえず、小さい頃からの教えで机の下に隠れると思います。」

メガネさん「命を守るのも大事ですよね。」

じろう「住む場所がなくなると悲しい気持ちになりますね。」

たま「住み慣れた場所って、安心感ありませんか?旅行から帰ったときとか。」

ジュリ「確かに!帰ってきたときの安心感とか、力の抜ける感じ良いですよね!」

シマ「住む場所を守れたらいいですね。」

ジュリ「住む場所もなくならず、平和に過ごせたら良いですね!」

たま:G(ゴキ)との遭遇

ジュリ「もしもGと遭遇してしまったらどうしますか?」

たま「仕留めないともっと怖いので、スプレー1本使い切る勢いで死んでもらいます。」

ジュリ「立ち向かえるのスゴイです!」

たま「若い頃は電話で親や近所の人を呼んでましたけどね(^^;)」

じろう「ゴキブリはスリッパや新聞紙で叩いて一発で仕留めますが、使ったスリッパは捨てます。」

たま「それは中身が…( ノД`)」

シマ「頼りになる人が居るのは良いですね。」

たま「そうですね。でもすごく怒られたので自分で戦う事にしています。」

メガネさん「ゴキブリは飛ぶから嫌だよね?」

たま「ね~(´;ω;`)」

最後までご覧くださりありがとうございます!次回は6/8㈬に更新予定です。ぜひまたご覧ください(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。