『無人島にひとつだけ持っていくとしたら?』

桜もそろそろ散り、まもなく初夏がきそうな暖かさですね(*^▽^*)

今日はちょっと遊び心たっぷりの話題です!

【参加者:じろう、レン、カエル、たま】

じろう:もり(魚をとる)

じろう「魚を一人で捕まえるために生きていく事に必要だからです。」

たま「さっそく漁する気満々!スゴイ。」

レン「大きな漁つれるといいね。」

カエル「海には潜れるんですか?」

じろう「海には潜れる自信はあります。」

カエル「おお!それはすごいですね!一人で生き抜く力強さを感じます。」

レン「家はなにハウスですか?」

じろう「自分では何でもいいハウスです。」

レン:まほう

たま「どんな魔法ですか?」

レン「ねぶくろをだす。」

たま「魔法最強だね!ごはんはどうするのかな。」

レン「ご飯ひろってつくって食べます。」

じろう「魔法でどんなご飯作るんですか。」

れん「たけめしです」      

カエル「焚き飯良いですね。魔法があれば無人島生活も楽しめそう。」

カエル:人

カエル「サバイバルに強い人を連れていく。」

たま「カエルさん、頭イイ!それは心強いですね。」

カエル「えへへ。その人を頼りつつ、教わります。」

じろう「人を頼りにするのは必要ですね。」

カエル「うん。一人では限界があるかなと…。」

レン「盛り上がるといいね。」

カエル「確かに!心の友みたいな存在になれるといいな。」

たま「でも実はチャッカリさんなカエルさん(^▽^)」

レン「大きい人がいいかな?」

カエル「うん!出来れば大きな人がいいな!」

Desert Island With Palm Trees and Shipwrecked Man. With star shape shape vector illustration cartoon.

たま:水

たま「とりあえず死なないよう~に。」

カエル「水は無限ですか?」

たま「あっ!確かに・・・。」

じろう「水はどのくらいの量持っていきますか。」

たま「じゃあ10000・・・・・・・・トンとかにする⁉」

レン「プールくらいですか。」

たま「もっともっとかなあ( ゚Д゚)どれだけ必要なんだろう。」

カエル「食料はどうするんですか?」

じろう「自分もそう思いました。」

たま「う~む。木に登って果物や木の実をとる?狩りは色々と怖いし。」

カエル「頑張って確保できるといいですね!」 たま「なんか心配になってきた( 一一)」     

最後までご覧下さりありがとうございます。次回は『どんな友達が多いですか。』を予定しています。ぜひご覧くださいね(*‘∀‘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。