プログラム内容
リライトのプログラムは、利用者の意見を反映させて作成しています。毎週ミーティングを行いインドアスポーツ、ボードゲームの内容など様々なことをみんなで決めています。あなたの「やってみたい」を教えてください。

STUDY(学ぶ)

 週末何していましたか?

IMR

 

 

 

 

 

 

普段人前で自分の考えを話していますか?

「週末何していましたか?」では参加者が決めたお題の中から、話しやすいものを選んで話すプログラムです。

例えば「好きな映画」「旅行したい場所」「暑い季節の対処法」など話したいことや、聞いてみたいことをお題にします。
決まったお題に対して話をすることは普段あまり機会がないと思います。
「週末何していましたか?」では、話を構成する力や伝える力を養うことが出来ます。

 月間自分自身


月間自分自身

 

 

 

 

 

 

 

日々過ごしていくうえで、プランやビジョンを持ちながら過ごしていますか?

精神疾患を持ちながらもリカバリーをしていくうえで、生活リズムの安定など、日々を計画的に過ごすことができれば、リカバリーの道のりもなだらかになっていくと思います。

このプログラムでは、リライトの一週間の始まりである火曜日に自分のこの先の一週間の生活の仕方について考え、目標を立て、生活のプランニングをします。

そして、立てた計画や目標が、自分自身のリカバリーにとってどうだったかの振り返りを行います。

メンバーみんなで、それを共有できる時間でもあります。

 脳トレ

脳を鍛えていますか?

スマホで調べ物から計算まで何でもできてしまう現代において、脳を使うことが減ってきてませんか?
脳トレではレクリエーションを兼ねながら、ナゾトレやクロスワードなどを行います。

いかに頭を柔らかくして考えられるか、普段とは違う思考を養っていきましょう。

 

 PCプログラム

 

 

 

 

 

 

パソコンって何のために出来る様になるのでしょうか?

障害者支援をする施設(特に精神障害者を支援する施設や就労を支援する施設)ではパソコンの勉強プログラムを実施するところが多くあります。
もちろん就職をする上でとても大事な能力ですが、現代では、就職に限らず、日常生活においてもパソコンを使用する機会が多くあります。

例えば、「肉じゃがを作りたい!」「映画館までの行き方を知りたい!」「AKB48の新曲を聴きたい!」という時にはインターネットが活躍しますし、「施設で何か企画してパンフレットを作りたい!」「日々の日記を記録してみたい!」「年賀状を作りたい」という時にはWord、「お小遣い帳を作りたい!」「ダイエットの記録をつけたい!」「住所録を作りたい」という時にはExcelが重宝されます。
就職に限らずパソコンが出来ることで日常がもっと楽しくなるかも知れません。

リライトではICT検定(旧称:P検)4級・3級を目指したPCプログラムを提供します。
パソコンの資格で代表的なものは4つありますが、ICT検定(旧称:P検)は他の資格に比べてとても幅広く、柔軟な資格です。この資格取得をきっかけに就職をしたいとお考えの方は、より専門的なMOSの資格を取得まで目指して、就活に役立ててもよいかも知れません。

 

 リカバリーの部屋

日々の体調の変化を気に気づけていますか?

「リカバリーの部屋」では体調の変化や日々の記録を日記や体調管理ノートにつけてセルフコントロールに役立てているメンバーさんがたくさんいらっしゃいます。
できるだけ毎日自分の様子を記録することで客観的に自分を見つめることが出来るようになります。またその記録したものを第三者(施設職員、主治医、仲間など)に見てもらうことで自分では気づかない何かに気付いてもらえるかもしれません。
そんな自分の体調を皆で発表しあい、問題があれば皆で解決の糸口をさがしていこうという会がリカバリーの部屋です。

 

REFRESH(リフレッシュ)

 ボードゲーム

ボードゲーム2

最後に誰かとトランプをしたのはいつですか?リライトには数え切れないほどのボードゲームがあります。

ボードゲームはとても奥深いものです。相手の思考を読むものや、参加者全員で協力して何かを成し遂げるもの、自ら戦略を立てて行うものなど多種多様です。

このプログラムでは、ボードゲームを通して、より良いコミュニケーションをとれるようになるためのヒントやコツを楽しく身につけることができます。みんなと一緒にワイワイと楽しみながら、参加しているうちに、良いコミュニケーションが取れるスキルが知らず知らずのうちに身についているかもしれません。

 

 インドアスポーツ

 

 

 

 

 

 

 

外出自粛続きで体がなまっていませんか?

室内でいかに過ごすか。ヨガ、ダーツ、卓球、ボッチャなどの室内で出来るスポーツを行っています。
スポーツには、ボードゲームプログラムとはまた違った交流の仕方や、一体感があります。
また運動をすることによって自律神経の調整にも役立つでしょう。

CREATE(ものづくり)

 創造力プログラム

 

 

 

 

 

 

モノづくりしていますか?

このプログラムは創造力を使って、自分で色々なものを作り出すことを体験するプログラムです。ひとりで進める作業やみんなで協力しあって進めていく作業など様々ですが、施設の看板作りに始まり、自分の好きな香りのアロマオイルで作ったアロマスプレーやアロマキャンドル、そのアロマキャンドルを入れるガラス容器にガラスペンで好きな絵や模様などを描いたり…。利用者の方々からも今後作りたいもの、やってみたいこと様々な希望が出ています。

絵が下手だとか工作が苦手とかは気にせず、自由な感覚で行う、もの作り体験を通して各利用者の方の個々人の豊かな個性を引き出していけると思います。

 ハンドメイドショップ(自主製品)

自分の作品を販売してみませんか?

「自分で作って自分で販売」を目指し、創造力プログラムで培ったノウハウを生かし自主製品を作り、市役所やバザーなどで販売をします。
作るものは本人次第。雑貨、アクセサリーなど創意工夫でどんなものが作れるか、どんなものが売れるのか、どんなところで売れるのかも一緒に考えて行きましょう。